ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校与太郎回帰録

2006年05月31日 21:20

1985年~88年のシリーズ映画「ビーバップハイスクール」は役者に一般素人を多く起用していた
主要キャスト以外はほとんど素人といって良い
今でも学園ドラマで不良生徒役を公募するケースは珍しくないが、
集まってくるのはしょせんプロダクションに所属しているおぼっちゃまにすぎないw
その点、当時原作であるマンガが不良少年の絶大の支持を受けていた本作にて、
役者志望の人間が集まる訳もなく、全国の筋金入りの不良少年が目立ちたい一心で集まってきた。

例えばオーディション風景でのこの2人
cap017.jpg

わかった人はかなりのBE-BOP通ですね

与太郎行進曲に出てくる無期停学組2人です (↑と左右入れ替わってます)
cap018.jpg
こんな雰囲気出せる役者いたら、ある意味プロすぎて尊敬しますがw
ホンモノ故に出るオーラというのもあり、そこがこの映画の魅力のひとつでした。


普通に考えれば全国からこんな本物の不良たちが集まって
現場は収集がつくのか?と心配になるところですが、
そんな現場を一手に仕切っていた人物が高瀬将嗣なるこの人物
cap016.jpg


現場の仕切りだけではなく、出演者のアクションシーンも指導します。
cap020.jpg


出演者一同に恐れられていたこの人物の顔を拡大
cap009.jpg


あれ? どこかで見た事があるような気が・・

もしかして・・

この人・・(思い出すまで3日かかりました)


進学高桜ヶ丘の偏差値番長 
(学校創立以来のワル(自称))
腹巻 鉄也(はらまき てつや)様では?ww

20060531200111.jpg

原作もしくは映画を観た方はお分かりのように、とんでもなくヘボキャラです

シリーズ中一番のヘタレなキャラが実は現場で一番恐れられていたのです
なにか皮肉な話ですが、偏差値番長が現場を仕切っていたと思うと笑えますね

スポンサーサイト

北斗の拳 登場人物に見える80's

2006年05月24日 17:28

1980年代の代表的マンガと言えば北斗の拳 

 さまざまなキャラが登場するこのマンガは 

 その当時(80's)話題の人物をモデルにしていた

リン.jpg浅香.jpg 

  リン     は  浅香唯

20060524172631.jpgブッチャー.jpg
 

ハート様               は  ブッチャー

ファルコ.jpgg2iDi4N0gUWDiYOTg0+DjIOTgsY.jpg

ファルコ は ロッキー4のドルフ・ラングレント

ハーン.jpgロード.jpg

ハーン兄弟 は ロード・ウォリアーズ

ハン.jpgフレディ.jpg

ハン は フレディ

サウザー.jpgネロ.jpg

サウザー   は ローマ皇帝・暴君ネロ

アイン.jpgプレスリー.jpg

アメリカ野郎アイン は プレスリー

無題.jpgg1+BW4NY.jpg

カイオウ は   ダースベーダー

ふぅー・・まだまだモデルネタはたくさんあるのですが

画像収集するのがかなり大変な為、そろそろラスト(オチ)を・・ ・

赤光のショウキ.jpg

赤光のショウキは・・

千葉.jpg

千葉真一

じゃなくて

ソニー千葉だそうですw

う~ん・・見事に80's(エイティーズ)の時代が反映されていますね

久米宏 飽くなき探究心

2006年05月23日 00:47

ニュースステーションは1985年~2004年まで続いた
誰もが知るニュース番組である

1555.jpg
キャスター久米宏あっての番組であり、
彼のスタジオや中継で出てくる政治家や話題の人物をとことん追求する飽くなき姿勢が、
物議をかもしつつも視聴者の支持をうけていた

とある日 松たか子さんがゲストにやってきた時だった
1111.jpg

本番前に松たか子が喫煙している姿を偶然目撃したらしく
「ゲストの松たか子さんです」と紹介されるや否や

久米「いやー驚きましたよ、松さんタバコ吸われるんですね?」
松 「(鳩が豆鉄砲~な顔)( ゚д゚)」
オレ (桃井かおりならいざしらず、その話題はイメージダウンに繋がるのでは・・)

久米「意外だなー。そんな風に見えなかったから・・」
松 「・・(苦笑い)」
オレ (まぁ意外だな)

久米「(受け答えをしない松へさらに)あれ?吸ってましたよね?」
松 「えぇ・・( ´Д` )」
オレ (まだつっこむかw)

久米「あなたがタバコとライターを持って歩いているのを見た時は
   イスから転げ落ちそうになりましたよ(真顔)」

松 「・・・( ´ゝ`) (笑顔が消える)」
オレ (生放送じゃなきゃマネージャーが飛び出してきそうな空気だな)

久米「で、いつ頃から吸ってるんですか?」
松 「初めて吸ったのはちゃんと二十歳になってからなので・・(*´д`;)…」
オレ (もう質問の意図がわからんw)

久米「意外だなー よく吸ってるんですか?」
松 「習慣になるほどではないです・・(-_-)(顔ひきつり)」
オレ (オモロいけどそろそろ松さんの空気を読んでw)

久米「この事お父さんは知ってるの?」  
松   「  ( `_ゝ´)  」

 オレ (大爆笑ww)

この後もしつこく松の喫煙を聞き続ける(略)

放送中はなんとか我慢していた松たか子も放送終了後はブチギレたらしく
スタッフに怒鳴りちらして、二度とこんな番組に出ないと言ったやらで
皮肉にもこの醜態が各週刊誌のかっこうのネタとなり、
日本全国にさらに松がヘビースモーカーと知れ渡る事となってしまったのですw

ニューパルサー 攻略打法の怪

2006年05月21日 22:19

あれは確か1995年の夏頃でしたでしょうか・・
それは唐突にやってきました

当時学生で深夜のコンビニのバイトをしていた俺は
その日も深夜2時ごろに来る本日発売の雑誌を並べてました
そして現在でも写真誌の発行部数ダントツTOPを誇り
数々のスクープを連発するFRIDAYの表紙を
見たときおもわず声を出して驚きました

「ニューパルサー 攻略打法発覚!」の文字

ニューパルサーとは・・当時まだパチスロ自体がまだ少なかった時代に
30万台と今のパチスロ北斗の拳よりも占有率があったといわれ
パチンコ屋を歩けばニューパルサーにぶつかるとまで言われたヤマサの大ヒットマシーン
20060520174441.jpg

ここで注意してもらいたいのが、よく写真誌などに
「○○ XX万円で攻略法教えます!」みたいな怪しい業者の広告ページがありますが、
あれとは全く別物です。当時はそんな広告自体無かったですからね
FRIDAYの表紙に熱愛スクープの様にデカデカとのってました。
仕事も忘れその場で慌ててそのページを読み込みました

以下うる覚えですが記事内容
「ある業界関係者から送られた情報
赤色のパネルのニューパルサーでBIG中に~(手順が長々と書かれる)を行えば
50プレイ以内で連チャンするという内容だった。
さっそく私(記者)も店にいって試してみることに 
するとなんと本当に連チャンするではないか! これはホンモノだった! 
メーカーが対策するのも時間の問題なのでその前に打つべし

こんな衝撃的な内容が天下のFRIDAYの見開きで掲載されたんです
しかも本入荷と同時に読んだ自分は世界で最初に知ったと思い込みw
仕事中もいてもたってもいられませんでした
そして朝5時の終了と共に友人全員を電話でたたき起こし自宅に集合させ、
購入したFRIDAYでその打法を全員に記憶させました

そして全員で朝一から同じ店 同じ島でいざ実践!
この打法はまず自力でBIGを引かなければなりませんでした
すると自分が一番最初にBIGをひき、雑誌に書かれてる通り行い
ドキドキしながら打っているとなんと18Gで連チャン
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!


自分バカなんで、もう確信しちゃいました はい、興奮しちゃいました
いくら勝つんだろうと思っちゃいました
(後にわかるのですがこれは自力連チャン)
で、次のBIGも当然その打法で試すも連チャンせず・・あれ?
友達も次々と試してみるが誰も連チャンしない・・あれれ?
結局午前中でこれはガセだとわかるに十分な試行回数をこなしました
友人の白い目を浴びながら全員負けでとぼとぼ帰るはめに

当時ネットたるものが今みたいに機能してない為、
この情報が一体何だったのかわからぬまま2週間ぐらいが過ぎた頃、
スロマガという雑誌にてこの顛末を検証した結果、一部の裏ロムの台でしか出来ないとの事
実際書かれていた手順も押し順を変えて最後にボタンを10秒長押しとかいう内容w

はい、懸命な皆さんはもうお気づきのように
これ攻略法じゃなくて・・・裏ロムのセット打法ですね

今でいう打ち子でゴト行為 完璧逮捕されます
当時は裏ロムのセット打法というものがあまり認知されておらず
このフライデーの記者もそのにゴト師に指定された台を打って成功したもので
てっきり勘違いしたらしく全国に向けて大誤報を放ったわけです
FRIDAYは翌週に謝罪をする訳でもなく、何事も無くするスルーしたとさ(完)

<追記>
今回このネタを書くにあたってうる覚えのため、
ネットでいろいろと検索したのですが、一件もヒットせず
あれは自分だけが見た真夏の夜の夢だったのでしょうか?(;´Д`)

宮崎哲弥がリベラルだった頃

2006年05月19日 02:11

宮崎哲弥は日本で一番露出の多い評論家といって良い
話せるジャンルも幅広く、視聴者の支持も得てる
彼の今のスタンスは基本保守である

自分は自称「朝まで生テレビ」フリークで、1995年頃から現在に至るまで、ほぼ全ての回を見てます
さてさてこの番組に準レギュラーの様に出演している宮崎氏の
ちょと昔の放送を振り返ってみましょう

<1998年 「激論!「戦争論」と日本」>
漫画家小林よしのり氏の著作「ゴーマニズム宣言;戦争論」
この「戦争論」が敢えて提起している、戦後の日本と日本人の抱える様々な"病理"とは、その原因とは何であるか?更にはどうすればよいのかを、改めて議論を通じて考え直してみたいと思います。


この手の討論では右派の人たち、左派の人達と別れて議論をするのですが、
この回の左派のパネリストはとても強力なものでした


20060519011912.jpg

高野 孟   「インサイダー」編集長
この人は顔でだいぶ損してる様な気がしますね
普通の事を言われても何故か高圧的に感じます

20060519011858.jpg

姜 尚中    東京大学教授
この時は初登場だったらしく、今みたいに話に割り込む事無く
とても大人しく話を最後まで聞いてます

20060519011836.jpg

辻元清美    衆議院議員・社民党
まだ「北朝鮮は拉致など行っていない!」と強気で発言していた頃です
後の顛末はご存知の通りで

20060519011848.jpg

松井やより   ジャーナリスト
この人物がすごいw  
福島瑞穂と田嶋陽子を足して2で割るどころか10倍した様な人物です


今の時代に合わせてもものすごい左の重鎮達ですが、
このそうそうたる左席の中にいたのが
20060519011827.jpg

まだ若い宮崎哲弥氏

左と右のバランスが取れて初めてイデロギーが成り立つ物で
どっちかが極端に強くなると国は崩壊に向かうのものです
そういう意味では宮崎氏はこの回で左に危機感を覚えたのではないでしょうかw


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。