ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳の授業よりメディアリテラシーを!

2006年08月11日 00:20

「A・I」 と聞けば苦い思い出が蘇ってくる


ひとつはドラクエで効果の無いザラキをボスキャラにひたすら唱え続けるAI(人工知能)

もうひとつは映画の「A・I」だ
A.I.


この映画は莫大な制作費を費やされたものの、全米では大コケとなり赤字となった。
しかし日本で公開されるや否や93億円の興行収入を記録し全米以上に稼ぎ、失敗作と言われた本作も黒字転換となったのだ。
(ちなみにパイレーツ・オブ・カリビアンで68億 スパイダーマンでも75億円である)

私はこの映画のCMが流されている時に、内容は別にヒットが約束されたと思った。
「感情を失った子供ロボット」「スピルバーグ」「キューブリック」
もうこれだけの日本人好みの要素が揃えば、内容がどうであれ足を運んでしまうからだ。

映画の感想については人それぞれだろうからあまりふれないでおくが、少なくとも興行収入96億円とあそこまでヒットする映画だったとは思えない。


日本人はメディアリテラシー能力が他国に比べ低いのではないか?
とよく思ってしまう。

メディアという事業は、大衆が無知である程力を増す事を覚えておいて欲しい。


その一例として最近の映画のテレビCMがヒドい事になってはいないだろうか?
映画の内容そっちのけで、観終わった観客のどうでもいい感想がほとんどを占められてる。
「ホント感動しました!!」
「マジ やばいんですけどーー」

なんだこれは・・
コメントはその人の意見であって、事実じゃない

一昔なら良い所取りのダイジェストながら、まだ映画の内容を知る映像が流れて良し悪しを知る材料となった。今の宣伝方法になってから何年も経っている事を考えると、普通に宣伝するよりも宣伝効果があるという事だ。
こんな良いとこ撮りの感想聞いて、感化される日本人がいるって事が情けない。私は映画をよく観に行くのですが、このCMを観ると何の判断にもならない為、いつも腹立たしく不快になる。CMはもう無視して公式HPで配信している予告編で判断する事にしている。

この観客のどうでもよい感想しか伝わらない宣伝方法に、なんで誰も怒らないんだ?
こんな映画の宣伝のCMの方法をとっているのは、日本だけじゃないのかと思ってしまう。



小林よしのりがその昔「薬害エイズの被告を支援する若者」、「オウム信者にハマる若者」を通じて、自分の正義に取り付かれその情報の真偽すら疑わない若者を純粋まっすぐ君」と名付け警報を鳴らした。純粋まっすぐ君はまさにリテラシーの欠如による産物ではないだろうか?映画CMに感化される分には、人に迷惑をかけてない分まだマシかもしれない。しかし彼らの空っぽの脳みそは、TVメディア・新聞の流す特定の偏った見方や、カルト教団などの説く思想にもすぐ洗脳されてしまい、社会悪と転換する危険性があるのだ。リテラシー能力の欠如は純粋まっすぐ君の大量生産となり日本国を脅かす事態になりうる。


先日の亀田の試合後に涙する人々、摂理に救いを求め入信してしまう日本人信者、そこまで素直に物事を受け入れてしまうのは、もはや純粋じゃなくて悪じゃないかと言いたい


ゆとり教育が間違いだとやっと認識されてきた昨今であるが、私はひとつ提案したい。
 「道徳」なんて授業はもうやめて、「メディアリテラシー」という授業を設けたらどうだろうか。

道徳は必須科目にも関わらず道徳を無視した人々は減る傾向にない。そんな授業より幼い頃にフランダースの犬でも見せた方が、人間性の構築としては効果があるのではないだろうか?ましてや週一時間の授業より毎日一緒にいる親に道徳があれば、自然と子供にも道徳心は根付く。それよりメディアから垂れ流される情報に親子共々洗脳される事態の方が深刻だ。メディア・リテラシー能力の向上は、今の日本には急務な事で他国に摂取されない為にも一番必要じゃないでしょうか?


メディアはあらゆる種々のものが組合わさって成り立っている。
それは商業的なものであったり、親会社が新聞社ならその新聞の思想、スポンサーの意向、こういった組み合わさったものを自分で紐解いていく知識、そしてその中にある真の情報だけを読み取る洞察力こそがメディア・リテラシー能力なのだと理解してもらいたい。

最後にもう一度書きます。
大衆が無知なほどメディアは肥大化していくのです。


 メディアリテラシーとは?
情報およびその周辺に対する読み書き(処理)能力、の意 一般的にはマス・メディア(TV・新聞・雑誌)が提供する情報に対する、受け手側の判断や判断能力、という意味で使われることが多い。



関連ページ:超能力者を辞めることにしました







コメント

  1. コレシストキニンパンクレオザイミン | URL | mQop/nM.

    メディアリテラシー

    我々の世代は、メディアリテラシーと言えば
    KY事件なんてありましたね。
    http://asahilog.hp.infoseek.co.jp/

    平成生まれにとっては納豆事件になるんでしょうか?

  2. 知足 | URL | -

    なかなか面白いブログである。「日本人はメディアリテラシー能力が他国に比べ低いのではないか?」については拙書『歴史洗脳を解く!』の「日本社会と洗脳」を参考にして欲しい。《「道徳」なんて授業はもうやめて「メディアリテラシー」という授業を》は大賛成である。

  3. 菊リン | URL | -

    >dogabaさん
    その通りですね!
    最近だったら24時間テレビなんて他国が同じコンセプトで作ったとして、毎年こんなにも話題にもなるとは思えませんね。
    100キロマラソンがんばれというFAXが何千通と届く我が国の財産を世界の人に伝えたいです

  4. dogaba | URL | -

    いい文章で 感銘をうけました!

    僕は、
    いい文化に触れてなさ過ぎ、世界が狭すぎ、自分をりっぱに考えすぎ。

    なんかが原因かなーなんて思います。でもどうなんでしょう。受けてきた教育とか日本の風潮とかいろいろ絡んでくると思うんですが。難しいです。

  5. 菊リン | URL | -

    >abeさん

    このページは誰にも読まれてないと思ってました(笑)。最初無理やりドラクエにくっつけてみたものの、ブログのテーマとは全く関係なくて、でも言いたいからいいかなとも思ったりして・・

    さきほどもニュースを見ていたら早稲田実業のエーズのハンカチが飛ぶように売れてるとか・・また本筋と違った部分でメディアと女性の方が盛り上がってるのが危惧するところです・・

  6. abe | URL | d/CpiV46

    うわ~もろ同意です。
    素晴らしい文章だと思いました。

    と同時にA.I.が全米で大コケ作品だったことを初めて知りましたよ。
    坊やの力ですね、完全に。シックスセンスと宣伝がうまく脳裏にこびりついたのでしょう。特におばさま方に。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/109-e4edd239
この記事へのトラックバック

「道徳」なんて授業はもうやめて「メディアリテラシー」という授業を

日本人はメディアリテラシー能力が他国に比べ低いのではないか? /メディアという事業は、大衆が無知である程力を増す/リテラシー能力の欠如は純粋まっすぐ君の大量生産となり日本国を脅かす/「道徳」なんて授業はもうやめて



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。