ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京ラブストーリー」の東京とは?

2007年02月17日 23:40

田舎者にとって東京とは、いつの時代も憧れの響きである。
東京というその魅惑の響きは、幼い頃からアニメで餌付けされ続けてきた。

アキラで描かれた「ネオ東京」
機動警察パトレイバーで描かれた「コスモポリス東京」
エヴァンゲリオンに出てくる東京は「第3新東京市」

数知れず東京を素材としたものを観てきた訳だが、私の世代で一番の影響力といえばこれしかない。



「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」

そんな副題が付いていた、1991年放送ドラマ「東京ラブストーリー」である。
このドラマの詳細を、わざわざ説明をする必要もないだろう。

東京ラブストーリー DVD BOX

「東京ラブストーリー」の東京はどこからきているのか?
東京が舞台だからなのかと思っていましたが、原作であるマンガでの三上のあるセリフにその答えがあった。

リカは東京そのものだ
気まぐれでわがままで刺激的で…
魅力的だけど…疲れるだろ?



ドラマのタイトルバックでは、東京タワー、高層ビルが立ち並ぶ街並みを出勤途中の人混みの中で走っていたり、公衆電話に並んだりと、この時代の東京をイメージしたものとなっている。

当時24歳という設定だったリカの住むマンションは、3LDKはあろうかという広さに観葉植物に囲まれるといった贅沢なものだった。冷蔵庫にはバドワイザー、休みの日にやる事はジグソーパズルとこの時代背景がよくわかる。

私が上京して最初の休日に無意識でジグソーパズルを買ってしまっているのは、このドラマの影響がどこかであったからだと思う。無くしたピースの原因を聞く来客も特に無く、自分一人で永遠と探すこととなった事はもうそろそろ忘れたい。


リカのセリフは恥ずかしくなるようなセリフも多いのだが、はっとさせられることも多い。

 「人が人を好きになった瞬間って、ずーっとずーっと残っていくものだよ。
それだけが生きてく勇気になる。暗い夜道を照らす懐中電灯になるんだよ」

「誰もいないから寂しいんじゃないよ。誰かがいないから寂しいんだよ」


心に残るリカのセリフは数多くあるのだが、それ以上に脳裏に残っているセリフがある。

それは関口さとみの

「わたし何言ってるんだろ・・」

一度でも観た事があればあのシーンが思い浮かぶのではないだろうか。恋愛ドラマの恋敵の典型的な役柄ながら、裕木 奈江も白旗を挙げるほどここまで世間に憎まれる事となった有森也実さんは、逆に誉められるべきだと思う。
兎にも角にもここまで感情移入して観たドラマなんて後にも先にも無かった。

あれから15年以上経ったわけだが、最終的に結ばれた織田裕二 ・有森也実だけが未だ結婚していないのは何とも皮肉な事実である。
よく行方不明になるリカだが、今の様に携帯が普及していたら成り立たない訳で、携帯電話がない時代の男と女のすれ違いはなんだかもどかしくてよい。


(リカ)ヒマラヤのてっぺんから電話したら迎えに来てくれる?
(カンチ)迎えに行く!

(リカ)あったかいおでん持ってきてくれる?
(カンチ)屋台ごと持ってく !

(リカ)ビートルズのコンサートうちで開きたいって言ったら?
(カンチ)連れてくる!

(リカ)ジョンはどうするの?
(カンチ)俺が代わりに歌う!

(リカ)魔法を使ってこの空に虹かけてって言ったら?
(カンチ)それはできないかもしんないけど・・・。 
    
魔法なら使える!



金八の第2シリーズと同様、2~3年に一回はレンタルして観てしまうそんなドラマです。







コメント

  1. 1972生まれ | URL | -

    世間(同世代)がこれに熱中しているとき
    私は浪人生・・・・(試験中)

    再放送で見ましたが、乗り遅れた感が強く
    ちっとも面白くありませんでした。
    でも、リアルタイムで雰囲気を味わった人を
    うらやましくは思います。

    大学在学中は一人暮らしで
    バブル(崩壊してるんですけど)の余韻にも浸れず
    物価が高いとしか思えませんでした。


  2. 76年生 | URL | v5.i7xGY

    はじめまして。
    前々から読ませて頂いてたのですが、
    東京ラブストーリーと鈴木保奈美選手には目がなかったので、
    つい反応してコメントさせて頂きます。

    思えば、僕ら世代の青春時代は恵まれてたと思います。
    アメリカの映画はマイケル・J・フォクス等のサクセスストーリーがどんどん出てきて、
    国内の映画も僕らの7日間戦争とか勢いがあって、
    ドラマは大学生とか新社会人が楽しげな生活を送ってみたり、
    なんとなく将来に期待が持てるような話が多かった気がします。
    今の学生は将来楽しいことがあると希望を持ててるのかな~
    最近のバブル懐古ブームは暗い話が多い気最近の世の中の反動でしょうか?

    話は変わりますが、最近ふとした拍子にタミヤのサイトにぶつかりました。
    菊リンさんはRCとかミニ四駆とかで遊んだクチですか?
    もしそうならご覧になったら懐かしいですよ。

    http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.htm

  3. 影武者 | URL | -

    おはつです~。
    私も80年代、90年代を懐かしむのが大好きです~。
    ブログも作ってますので、よかったら覗いて見てください!!

  4. ふみえ | URL | -

    初めまして!ちょこちょこ覗かせて頂いてました。
    私も90年前後を懐古するのが好きです。
    東京ラブストーリーは名作ですネ。また見たくなりました。
    好きだった尾崎豊や小室ファミリーの記事等等に引き込まれました!勝手ながら親近感が沸いております。視点がステキです!80年代の懐かし画像集をミクシィの自ページにリンクさせて頂きました。もしミクシィにも参加されていましたらそちらでもお話できたら嬉しいです。

  5. kiki | URL | -

    こんにちは。
    こちらのブログはけっこう前に発見しましたが、
    コメント書くのは初めてです。
    確か「犯人はヤス」で飛んできたと思います。
    でそのあといろんなページ読んでて懐かしさにあふれました。で最後に年齢確認するとビンゴ!!
    同い年でした。
    私は歳の近い弟がいたため割と男の子カルチャーと女の子カルチャーを共有できてたと思うのでかなりこのブログ笑えます。そして好きです。
    私は中2で宝島とか読んでましたが友達には言えませんでしたね~。キクリンさんもけっこうマニアックとお見受けするんですが。

    スペランカーネタ笑えた!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/208-23f90614
この記事へのトラックバック

オダギリジョーに続いて、話題作『東京タワー』に挑むのは萩原聖人

こんどは舞台に!!

4月ドラマで織田裕二が主演する!? 

ヒロインには上野樹里



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。