ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竜王は生きていた」は生きていた

2007年04月10日 20:14

今回扱うネタはもしかしたら周知の事実なのかもしれませんが、私は先日知ったばかりで、
X JAPANのプロフィール欄の血液型が「X型」だった以来のインパクトだったので、
鮮度はありませんが記事にさせてもらいます。



その昔、週刊少年ジャンプ黄金期の巻末にジャンプ放送局という読者投稿型のページがあった。

ジャンプ放送局 20 (20)


小学生の頃、笑いのセンスが他の子よりも長けていると信じ切っていた私は、このコーナーに幾度となく練りに練ったネタを投稿したが、一度も掲載される事はなく全国区という壁の厚さを知り、その常連組のレベルの高さに、その後2度と筆を持つことはなかった。

今でもつわものの常連の名前は覚えている。
「錯乱坊主」 はTOP10入りの常連で、この名前をみない週の方が少なかった。
「岡田です!」 はイラスト掲載率が高く、女性ながら優勝を果たした唯一の職人であった。


そのジャンプ放送室の常連の中でも、一番メジャーなハガキ職人といえば

竜王は生きていた

ではないだろうか。

数ある掲載ネタの中でも、思わず笑ってしまうネタに目をやるとこのペンネームがあった。彼がここまで記憶に残っている理由は、1レースでは最高点となる125点を叩き出したり、唯一、連続優勝を達成したことなどがあげられる。

そして、何より記憶に残る戦士となる理由は、この当時、掲載競争率も含め全国で一番レベルが高かったであろう「ジャンプ放送局」において「竜王は生きていた」は、当時まだ小学生でありながら優勝してしまったのだ。後にわかった事だが年齢も私とほぼ同じで(1976年生まれ)、半ズボンで庭で遊んでいる頃にあのレベルのネタを投稿していたとはなんとも驚きである。どうやら父親がコピーライターで、テレビなどはほとんど見せてもらえず、ジャンプに投稿するネタをプロである父親のチェックを受けながら、毎日10本書かされるという英才教育を受けて育ったようだ。

そのあまりの強さに彼の名前をもじり、「竜王は強かった」「竜王は屁をこいた」や、「竜王」+「誕生日の数字」で「竜王521007」、「竜王521219」など彼を慕って勝手に結成された竜王軍団なるものもあったと記憶している。


ハガキ職人はその天性の才能を活かし、構成作家になるケースが多い。秋元康はラジオのハガキ職人時代にその才能を見出されて、後に成功した最も有名な作家だろう。また、そのまま芸人になったケースもある。
レギュラーのあるあるネタは、「となりのオヤジのイヌ逃がす!」や、「リハでふざけてケガをする!」などの一言ネタに、ラジオ向けのハガキ職人臭を感じずにはいられなかったが、やはりネタを考えている松本の方が、雨上がり決死隊、バッファロー吾郎のラジオ番組で、「焼肉パンチ」とのラジオネームで投稿常連だったという経歴を持っていた。


その後、「竜王は生きていた」はハガキ職人の天職ともいえる放送作家の道に進み、北本かつらというペンネームで、「トリビアの泉」「やりすぎコージー」「くりぃむナントカ」等を手がける人気放送作家になっていた。

月に行ったアポロのコンピュータの性能は 
スーパーファミコンの性能と同じである

この有名なトリビアを考えたのは「竜王が生きていた」氏らしく、この真偽はとりあえず置いておいて、その人を吸い付ける着眼点と表現力には往年の力を感じさせられた。どうやら、知らないうちに「竜王が生きていた」ワールドをブラウン管を通して大人になっても楽しませてもらっていたようだ。

そして昨年、芸人のだいたひかると結婚したという人気放送作家とは、この「竜王は生きていた」だったいうのだ。


だいたの毒のある一言ネタは「竜王は生きていた」のスパイスが加わっているのかと思うとなんとも興味深いネタに思えてきた。しかし、残念ながら今年の1月に既に離婚していたみたいだ。


ryuuouu1.jpg →ryouuou.jpg(北本かつら氏)

優勝して紙面に登場した際、柴田恭兵のようなサングラスを着用して登場し、そのHNから勝手に左のような荒々しいイメージを持っていたが、実際の竜王が生きていた(北本かつら氏)はとてもお茶目な方だった。


ともかく、かつての伝説の投稿戦士は間違いなく現世に生きていた。








コメント

  1. ちゅら♂ | URL | mQop/nM.

    このことだとは・・・

    モヤさまのオーディオコメンタリーからさがしてきました(時代遅れですがやっとDVD買えました)。龍王さんはだいたひかると結婚してたんですね…
    離婚話をちょろっとしてたんですがこのことだとは.この様子だと森三中も危ないような気がしなくもない。。。

  2. 岡安真砂 | URL | jYbOzkUY

    はじめまして。カトゆーさんから来ました。

    「竜王は生きていた」さんは確か優勝インタビューのときのさくまさんとの話での

    「(今までは)書いたらすぐに投稿してたけど、最近は一晩寝かして見直してから送る事にしている」
    「それはもう素人じゃなくてプロのやり方だよ!(笑)」

    みたいなやり取りが妙に頭に残ってたんだが、なるほど、そんな英才教育があったのかと妙に納得w

    しかし、ジャンプの投稿戦士は色々な所で生き残ってたんですな。
    まぁ、間違いなく当時一番面白い読者コーナーでだったもんなぁ……

  3. ユズ | URL | -

    X型。

    はじめまして☆
    つい最近ここを見つけて拝見してますがホントおもしろいですね!少しずつ読破します。

    今日のネタは「週ジャン」兄キに借りて読んでたんで
    懐かしいのと驚きで思わず書き込みしました。
    竜王さんの正体が北本氏だなんて!!

    ヨシキの血液型が「X型」にはあたしも度肝を抜かれてました。ちなみにBOΦWYとB-Tも大好きでした!

    「きりんくん」だと思ってたんですが「きくりん」さんなんですね。また遊びにきます。ヨロシクね☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/235-bf00fb93
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。