ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMタイアップ曲と商品との距離考察

2007年05月30日 23:58

マリちゃんはヘヴィメタルこと、浜田麻里の代表曲 
「Return to Myself」(1989年)を皆さん覚えていると思う。

では、この曲の正式名は
Return to Myself ~しない、しない、ナツ。
である事はご存知だろうか?

sinaisinanatu.jpg


そう、副題に「しない、しない、ナツ」と付けられているのだ。

この歌のサビでは

Return to myself
自分らしい恋をそう 見つけたの
Return to Myself
心染めなおし しない しない夏


の最後の一節からきてるのはわかるのですが、この一文が副題にくるほど重要でしょうか?この部分の歌詞は実際「心染めなお~ ししない」と非常に難解な部分で区切られており、今初めてこの歌詞を知った方もいるのではないかと思います。最後の締めの歌詞としては文字あまり感があり、どうもこの一文は不自然な部分が多いのです

その後の私の人生において夏が来るたびに「しない しないナツ。」のフレーズがリフレインし、「しない、しないナツ」って一体何なんだとうなされたものです。「しない しないナツ」の解明は、私の中ではケネディ暗殺の真の犯人よりも先に知らなければいけない急務となっていたのです。

そして2007年、ついにその真相を知る事ができました。

この曲は89年、カネボウ化粧品のCMソングで、当時のカネボウのキャッチコピーでもあった
化粧なおし、しない、しない、ナツ」のからきてるというのです。

(´Д`)~ エぇー 
タイアップとはいえそんな理由でサビにねじ込まれたのかと思うと、あまりの違和感あるそのフレーズにだんだん腹がたってきました(笑)


そういったわけで、CMタイアップとなるとうまいものから無理からなものまで様々あるわけで、この時代のJ-POPのCMタイアップ曲について思い出してみたいと思います。


CMソングとは、その企業の商品を宣伝するのが目的な訳ですが、商品名をそのまま歌詞の中に入れると、当然スポンサーの関係で歌番組に出れなかったり、公共放送で知られるNHK紅白などには出れないわけです。その為、商品名を言わずにいかにその商品を潜在的に連想させ、購入意欲を刺激するかが重要なのです。

曲の持つイメージによって、間接的に商品を引き立たせる例

<さわやかさ>
「揺れる想い」 ZARD
「いつまでも変わらぬ愛を」織田哲郎  → ポカリスエット
「瞳そらさないで」 DEEN


<妖艶さ>
「太陽のKomachi Angel」B'z
「Woman」中西圭三      → カメリアダイヤモンド、ジュエリーマキ
「危険な女神」 KATSUMI 

<青春、やる気>
「涙2(青春ヴァージョン)」爆風スランプ
「MOVE」B'z                → 進研ゼミ
「胸さわぎのAfter School」リンドバーグ



直接的にピンポイントで商品、もしくは業界をイメージさせる例

「ワインレッドの心」(安全地帯) → サントリー赤玉ワイン

「冬がはじまるよ」(槇原敬之) → サッポロビール・冬物語
ビールを飲む横顔がいいね との歌詞もあります

「気分爽快」(森高千里) →アサヒビール「アサヒ生ビールZ」
こちらはもっと直接的でサビに「飲もう」を連呼しています。

「いけないルージュマジック」(忌野清志朗&坂本龍一) →資生堂 口紅

「以心電信」(ORANGE RANGE) → au by KDDI 携帯電話

「昼間のパパ」(忌野清志郎) → 清水建設

広瀬香美におていはアルペン(ウインタースポーツ用品販売を主とした会社)のCM曲を10年に渡ってスキーを連想させる冬の曲を歌い続けていて、その蜜月関係は有名だと思います。


旅行を誘発する事で利益がでる例



「love the island」(鈴木あみ) →グアム政府観光局

「二人の愛ランド」(チャゲ&石川優子) → ANA

「浪漫飛行」(米米CLUB) →JAL・夏の沖縄キャンペーンソング

「いい日旅立ち」(山口百恵) → 国鉄(現JR)

「Choo Choo TRAIN」(ZOO)
「シンデレラエキスプレス」(松任谷由実)  →JR東日本、東海
「クリスマスイブ」(山下達郎) 



歌詞をCMとCDとで差し替える例

FIREBALL (B'z)
「しない、しない、ナツ」同様、資生堂の要望で、「メイク魂に火をつけろ」との商品のキャッチコピーを歌詞に入れてくれとの要望があり、サビの「魂に火をつけろ」の前に「メーーィ」と叫ぶ事で、お互い玉虫色の決着をした。

Dreamland」BENNIE K
「つながる瞬間(とき)に、コカコーラ」の部分を英語の歌詞に変えてCD化され大ヒットした。この曲はファーストフードで働く女の子が題材となっており、「coke please」との掛け合いも歌詞に収録されている。

MUGO・ん…色っぽい」 工藤静香
88年カネボウのキャッチコピー "…色っぽい”より。名文句ですね。

春咲小紅」矢野顕子
81年。こちらもモカネボウCM発。当時オープンした神戸ポートピアランド の宣伝から来ているのでは?との事です。
ホーラ、春咲小紅 (春先 神戸に)見に見に見に来てね

BEAMS」黒夢 
BEAMS マクセル・カセットテープ「Po'z」
CMでは「君のポーズ(商品名)」

これが私の生きる道」PUFFY
タイトルの文字を繋げると・・
私生道 → 資生堂     

お見事です。

頂いた情報追記させてもらいました。ありがとうございます
まだまだありそうですねー


曲名に商品名をそのまま入れてしまっている例


1995年 「カローラIIに乗って」(小沢健二 )→ トヨタカローラⅡ
作詞作曲を他人にまかせた曲が、皮肉にも小沢の一番のヒット曲となってしまった。

1991年 「It's my JAL」(KATSUMI) → JALのキャンペーンソング
カップリングには歌詞の「JAL」の部分を「Dream」に置き換えた「It's My Dream」が収録されていた


1991年 「冷たいキス」(ICE BOX)→ 森永製菓「ICE BOX」
森永のICEBOXのCM用に結成された4人組です。こちらはユニット名が商品名という珍しいパターンでした。
 
1988年 「風のエオリア)」>(徳永英明)→ ナショナルのエアコン「エオリア」のCMソング。
エアコンのCMで「風のエオリア」と商品名とその説明をもろに連呼する。私が企業側の人間ならこれほどありがたいことはない。

1988年 「勇気のしるし(リゲインのテーマ)」(牛若丸三郎太) → 三共「リゲイン」
この曲は先に商品のCMソングとして作成され、話題になったからCD化した曲である。 「黄色と黒は勇気の印, ・・24時間戦えますか?」と商品の外観を大々的にアピールした歌詞ながらこの年のヒット曲となった。

1981年 「なんとなく、クリスタル」(柴田恭平) →宝焼酎「クリスタル」
作詞はもちろん、田中康夫さんです

1980年 「ディス・イズ・ア・ソング・フォー・コカ・コーラ」(矢沢永吉) →コカ・コーラ
商品名をタイトルに入れてヒットした最初の曲かもしれません










コメント

  1. カサブランカ | URL | 9L.cY0cg

    ナイス

    やっぱり80年代の歌謡曲は最高だね今の歌に比べ昔の歌謡曲は耳に残る名曲ぞろいでしたよ!戻れるもんなら戻りたい青春時代

  2. カサブランカ | URL | 9L.cY0cg

    ナイス

    やっぱり80年代の歌謡曲は最高だね今の歌に比べ昔の歌謡曲は耳に残る名曲ぞろいでしたよ!戻れるもんなら戻りたい青春時代

  3. カサブランカ | URL | 9L.cY0cg

    ナイス

    やっぱり80年代の歌謡曲は最高だね今の歌に比べ昔の歌謡曲は耳に残る名曲ぞろいでしたよ!戻れるもんなら戻りたい青春時代

  4. キクリン | URL | -

    ご情報、ご指摘どうもです~♪

  5. yo-1 | URL | -

    いつも楽しませてもらってます。
    タイアップといえばPUFFYの「これが私の生きる道」もそうですよ。
    タイトルに含まれる漢字を繋げると、「私生道(しせいどう)」となり、
    タイアップの資生堂をもじってます。

  6. ゲッピー | URL | -

     JRのCMで谷村新司の三都物語
     ビール会社(どこか忘れました)で細川たかしの応援歌いきます

     この二つを思い出しました。はっきりしなくてすみません。

  7. | URL | -

    いつも楽しませてもらっています。

    「シンデレラエキスプレス」(松任谷由実)日本
    「クリスマスイブ」(山下達郎) 

    この二つは「JR東海」だとおもいます。。。

  8. 着流し | URL | -

    春咲小紅

    矢野顕子の「春咲小紅」は、口紅のCMソングでしたが、同時に、神戸で開かれたポートピアの宣伝ではないかと、よく言われていましたね。
     ホーラ、春咲小紅 (春先 神戸に)
     見に見に見に来てね

  9. キクリン | URL | -

    >64bitさん
    東京バナナボーイズと言われ、六本木バナナ・ボーイズ (仲村トオル 清水宏次朗)が浮かびました。80's脳みたいです。正直いいますと 東京バナナボーイズをよく知りません(汗)。勉強してみます。

    > スコタローさん
    いつでも回顧・懐古してくださいねー。ご訪問ありがとうございます。

    >巷のファンさん
    たしか伊秩弘将さんってスピードのプロデューサーの方でしたよね。確かにおもしろい組み合わせです。

    >soraさん
    それは大変すいませんでした。顔の見えない文字でのやり取りはいろいろと誤解が生じるものですね。あと、個別にすべて返信したいのは山々なんですが、ここ半年ほどそれができていない現状にあります。決して無視するといった意味合いはございませんので・・このサイトについて(右上)にもコメントについて書いてるのでよかったらお読みください。

    頂いた情報はこのページに修正追記させてもらいます。ご情報ありがとうございます。

    このコメント欄を私信に使いたくないので、申し訳ないですが以前の書き込みは消させてもらいます。ご了承ください。 

  10. 巷のファン | URL | -

    ICEBOXは懐かしい名前ですね。確か50万枚くらい売れたという記憶があり、中西圭三作品の中でもトップクラスの売上なんじゃないでしょうか。ちょっとズレますけど、秋元康作詞のこの曲と売野雅勇作詞の「ダイアモンド・レイン」(中西さんソロ曲)の詩とを見比べて、「売野さんの詩も古びたな…」と感じたのを覚えています…。

    ところでボーカルの吉岡忍さんは今何処? ソロでの「いつか逢いたい」とか好きだったのですが…。

  11. スコタロー | URL | JalddpaA

    回顧させて頂きました。

    はじめまして。

    1980'sのスコタローと申します。
    少しの間ですが回顧しました。
    この頃は鼻水垂らしながら
    ミニ四駆を走らせていたと思います。

    いつでも回顧できるよう、リンクしておきました。
    ちょくちょくのぞきに来ます。

  12. 64bit | URL | -

    いつも鋭い考察、楽しませていただいてます!

    しかし、CMタイアップという話題ならば
    東京バナナボーイズにも話題を伸ばして欲しかった!

  13. キクリン | URL | -

    ご指摘ありがとうございます。

    ご指摘ありがとうございます。

    そうだったのですね。浪漫飛行といえば、沖縄の海から金色のジェームス小野田が出てくるあのCMのインパクトがとても印象的で、私の中ではJAL沖縄のCMソングとして記憶に残っていました。Wikipediaによるとこの曲は

    >ちなみにこの楽曲は製作当時から「航空会社のCMソングとしてオファーが来ないか」と
    >狙って作った作品であり

    とのことでした。オファーもきて、当時の米米の一番の大ヒット曲となったので、両者の思惑が一致した成功例かと思います。

    ユーミンの「シンデレラ・エクスプレス」なんかも、JRのCM発なのか、先に曲があったのか、判断がつきませんでした。というわけで申し訳ないのですが、上記のCMソングには曲が先のパターンもまだあると思います。全部裏をとるのは困難なので、どっち発かだったかはあまり気になされず、CMで使われた曲として読んでもらうと助かります。貴重な情報ありがとうございました。

    > 3度バックさん、イブラさん
    この歌詞差し替えパターンをいろいろ思い出していたのですが、矢沢とBENNIE Kしか思い浮かばず両方ともコーラでしたね。桑田圭佑の「Rock'n Roll Hero」もそうでしたかー。情報ありがとうございます。

    >〓Rising-Force HD さん
    これはネタじゃなくて私も本当に長年に渡る疑問でした。調べればすぐわかることだったのですが・・。2007年は 仕事しない、しない、夏で・・^^A




  14. 〓Rising-Force HD | URL | -

    こんばんは。

    へぇぇぇ~

    知りませんでしたし
    私も気になっていたんです。

    ありがとう御座います。

    「化粧」を無理やり
    「心染め」に変えたとは・・・。

    仰る通り解りません。

    というか、解る方が凄いです。

  15. イブラ | URL | oT30WTdw

    初めましてです。
    70年代生まれの心に響きまくる文章いつも楽しみにしています。
    米米の浪漫飛行はCMに起用される三年も前に発売された「KOMEGUNY」というアルバムに収録された曲で、ファンの間ではその頃からすでに名曲と言われていたので、シングルヒットした時は「何を今さら」という感じだったと記憶しています。最近の曲の中では、桑田圭佑の「Rock'n Roll Hero」もコカコーラの商品名が入ったタイアップ曲でしたね。

  16. ゆきよ | URL | -

    はじめまして。

    73年生まれなので、
    楽しく読ませていただいております。

    米米の「浪漫飛行」なんですが、
    これは曲が先で、あとからコマーシャルで使われたとおもうのですが・・・。

  17. 3度バック | URL | VLzUnvlc

    系統立てて集めると、おもしろいですね。
    1995、6年辺りの黒夢の曲「BEAMS」も
    どこかのテープ会社とタイアップしてたような気がします。
    サビの部分の「♪君の声」

    「♪君のポーズ(商品名)」になっていませんでしたっけ・・・?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/255-6a63ef81
この記事へのトラックバック

化粧品でキレイになろう!

「男女同権」といいながら「デートの負担は男持ちが当たり前」と同じ口からでるの...「男女同権」といいながら「デートの負担は男持ちが当たり前」と同じ口からでるのはなぜですか?(続きを読む)夫婦の金銭感覚夫婦の金銭



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。