ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シャイニング』の真の恐怖

2007年07月09日 23:38

先日久々にカラオケに行ったら、90年代に華原朋美と共に腐るほど耳にした
安室奈美恵の Body Feels EXIT (ボディ・フィールズ・イグジット)を選曲した子がいた。

久々のTKソングにWAKU WAKUしていたのだが、
「ボディ・フィールズ~♪」と歌いだしたので、私は烈火のごとく怒った。

ボディじゃない! バァディ・フィールズ・イグジットだ!と・・

どうやらこの子は、ねじれてた気持ちと一緒に海沿いを歩いた経験が無いようだ。
わずか10年でそんな大事な事を忘却するとは、やはり烈火のごとく怒った。

バディ繋がりで思い出したが、東野幸治が桂三枝から「バッテリー幸治」の芸名を命名されるも、好感度調査300位にも入らず、
この芸名が無かった事にされている事ぐらい忘れてはいけない事なのだ。


どうぞ歌詞カードに踊らされないで、自分の耳を信じて欲しい。
BE MY BABY の歌いだしは 

愛しているのさ 狂おしいひょどぉ(ほど)

だと20年間言い続けているが、未だにそう歌うのは吉川さんか私しかいない。
どうぞ、自分が直に感じた感性を信じて欲しいのだ。


本題が思った以上に短いのでダラダラと前フリで引き延ばしてみたが、この辺が限界なのでこの流れで本題に入らせてもらう。


皆さんは80年代の傑作ホラー

シャイニング』(The Shining 1980年)

を覚えているだろうか?

スティーヴン・キング原作の同名小説をスタンリー・キューブリックが映画化し、
ホラー映画ファンの間でもこの映画をNo1と推す声も多い。私もその中のひとりである。
この映画の恐怖は徐々に気が狂っていくジャック・ニコルソンの豹変ぶりにつきるだろう。


シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン [DVD]

斧でぶち破ったドアから覗き込むこの姿はあまりに有名でジャケットにも使われ、
シャイニングを象徴する最大の恐怖のシーンとして使われている。

普通の人であれば同じホラーを2度みるという事はあまりないだろうから、
人々の記憶にはこの映像が思い出される事でしょう。
しかし、この映画を10回は観た私は本当の恐怖は別にあると思っている。

この映画の最大の恐怖は・・



尋常じゃないほどビビる奥さんの表情


20070709010616.jpg



shaining.jpg


間違いなくあなたが最恐です(笑)








コメント

  1. | URL | -

    シャイニングは

    双子の女の子のシーンがアメリカ人は
    いちばん怖がるっていうよね

  2. imao | URL | -

    はじめまして。

    少し前から、ちょこちょこ拝見しております。
    こちら年代が...ずいぶん上なのですが、
    当時のことをそうギャップ無く表現されていて、
    その上、面白い!
    今日の前フリ面白すぎです!

  3. 〓HD | URL | 0W3K4fg.

    最後の画像。

    本気で怖い・・・。

    この歳(30)でも
    夢で魘されそうで
    怖い・・・。

  4. ひょどぉ | URL | -

    ハマッてます。

    Be My Babyの発売は'89年。
    まだ20年たってませんよー!
    って、どーでもいいか。

  5. mako | URL | -

    言い回しが面白いっ!

    きっと、彼女の中では・・・
    バァディって歌ってるつもりだったんじゃ?!

  6. トリコ | URL | P1IsxRRg

    はじめまして。
    「シャイニング」のこのシーンってジョジョ3部のアレッシー戦に使われてますよね。
    流石にポルナレフはこんな顔してないですが(笑)。

  7. | URL | -

    最初の部分共感します!
    BOOWYのdreamin'もOH~イェ~じゃなく、OH~イョォオゥです。

  8. ぽにょ | URL | -

    高校生の時に「シャイニング」レンタルしました。女の子達で集まって「怖」いいながら見ました。
    奥さん最強…。

  9. イツキ | URL | -

    いつも読んでます

    自分は21才で年代が違いますが、当時のことがこのブログで結構わかり、こんな時代があったのかと笑ってしまいます。これからも更新お願いします!m(._.)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/266-5563b9bd
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。