ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイナイに学ぶ継続力

2007年08月02日 21:21

更新には波風があるのだが、先月はついに3つしか記事を書けなかった。
ブログは、質より頻繁な更新が大事だとわかっているが、どちらも達成できていない。
こうやって星の数ほどあるブログは日々自然消滅していっているのだろう。

だが無理をしてでも続けていく事で得るものもある。

その思う理由は、ナインティナインにある。

彼らの芸人としての魅力は、キレのある動き、芸人らしからぬ努力家というのが一般的だが、
わたしは他ならぬ継続力だと思っている。

気づけば彼らの現在抱えている番組は恐ろしく長寿番組ばかりだ。


めちゃ×2イケてるッ!  10年9ヶ月
ぐるぐるナインティナイン  13年3ヶ月
ナイナイサイズ!  6年9ヶ月

ナインティナインのオールナイトニッポン  13年3ヶ月



デビューから常に第一線で活躍しているように見えるナインティナインだが、本人達も自ら認めるように決して天才肌ではなく、ダウンタウンと比較され酷評されるという苦難の時期があった。その当時、タレント化していたglobeのKEIKOがダウンタウンの番組で「矢部さんが嫌い。私の方がつっこみうまい」と好き勝手言われる始末で、この時期のナイナイの微妙なボジションがわかる象徴的な出来事でもあった。この放送を生で観ていたという矢部の気持ちを察すると本当に胃が痛い。私はここで間違いなく潰れてしまうタイプだ。この時期の彼らは自分たちの強みをいろいろと模索したのではないかと思う。

浮き沈みが激しいテレビ番組で10年以上継続させるには、幾度となく番組存亡の危機があったはずである。スポンサーあっての番組であるわけだから、多くの視聴者に観られることが大前提である。視聴者に媚びず自分の信じるお笑いを追及し、太く短い終わる番組もある。ナイナイはゴチバトルのようにその軸を大衆向けの方向に時には変えながらも、とりあえず続ける方向を選んだ。どちらが芸人にとって良いのかは私の知るところではないが、ナイナイはこの選択で30半ばながら他の芸人にはない、圧倒的な実績を得ることに繋がったのはひとつの事実である。

さきほどの長寿番組の中で、オールナイトニッポンに注目したい。 この記録は40年の歴史を持つこの番組でも、最長記録で現在も更新中なのです。かつてビートたけし、タモリ、私の時代ではとんねるずなどを聴きながら青春時代の夜長を過ごしてきた。

ラジオという媒体は、そのパーソナリティを身近に感じさせる力がある。中島みゆき、松任谷由実などが良い例で大衆の勝手に抱く雲の上の人のイメージを壊すことで、より深いファン層を得ることにつながる。それを13年間続けてきた彼らのチルドレンは日本中の至るところにいて、彼らのテレビ番組を支える土台ともなっている。


この継続力は意図したものか、結果的に付いてきたのかはわからない。だが彼らの継続力は苦悩と葛藤によって導き出された、彼らのもっとも誇れる才能になったのではないかと思う。

そういったわけで、このブログも初期に半年間もさじを投げた経緯があり、その壁を越えると良い意味でも悪い意味でも新たな世界が確かにあった。何事も3日坊主の私にとって、ナイナイにみた「継続は力なり」の真偽をこのブログで確かめてみたい。


<芸人に学ぶシリーズ>
さんまに学ぶ切り替え力
ロングバケーションの悲劇







コメント

  1. | URL | IFlxv0fE

    >生粋の松本信者の私は、ナイナイの大衆ウケ路線、飛鳥色、実力以上の世間的評価、立ち回りの上手さ、すべて苦々しく思っていました。
    >その象徴がめちゃイケ開始当初、繰り返し放送されていたキャッチコピー「この番組はバラエティ番組ではありません、お笑い番組です」でした。
    >ダウンタウン世代の私には、このセリフは喧嘩を売っているとしか思えませんでした。

    自分は天才松本の笑いがわかる=自分は本当の笑いがわかる天才である&その他のクズは笑いとは認めない

    みたいな気持ち悪いことを本気で思ってる気持ちの悪い松本信者ならではの、気持ち悪いコメントですねw

    自分はDTもとんねるずもナイナイもUNもさまぁ~ずもその他もろもろ、フリーダムに好きなので、こういう信者ってのの思考回路を感覚で理解できません。お前ごときの名もない一般人が「喧嘩うられてる」とか、もうね…wwww

    今ではナイナイ好きぃ~とか書いてるけど嘘だろ。「今でも至高はDTオンリーだけど、昔に比べれば心を広く持ってやるようになったんだ、ナイナイも一応認めてやってるよ、今は」ってことだよねwww
    超上から目線wwwwww 名もなき一般人がwwwwwwwwマジきんもー★

  2. 時代はモータードライブ | URL | -

    ゴールデン進出後のナイナイの番組はほとんど視たことないけど、殿様のフェロモンやらとぶくすりの頃の岡村にはものすごい可能性を感じたなぁhttp://blog4.fc2.com/image/icon/i/F9C3.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

  3. oクマ | URL | e2xIBKiE

    ミクシィの日記ですら月1回程度しか更新できない私にとって、このクオリティのブログを続けているきくりんさんの才能は驚異です。

    生粋の松本信者の私は、ナイナイの大衆ウケ路線、飛鳥色、実力以上の世間的評価、立ち回りの上手さ、すべて苦々しく思っていました。
    その象徴がめちゃイケ開始当初、繰り返し放送されていたキャッチコピー「この番組はバラエティ番組ではありません、お笑い番組です」でした。
    ダウンタウン世代の私には、このセリフは喧嘩を売っているとしか思えませんでした。

    でも、30歳になった今、きくりんさんの今回のエントリーの意味が良くわかります。
    継続は、生半可な才能なんかよりよっぽど力強い武器になる。
    そして才能にばかり憧れて継続を怠ってきた現在の自分の貧弱なこと。

    今、ナイナイは好きな芸人の一つです。

  4. HATE | URL | 8cYMrPsk

    受験勉強しながらANN、よく聴いてましたね。globeに対する毒吐き(FACEの替え歌etc)はかなり笑けました。他曜日のパーソナリティに比べてもナイナイは黒くて面白いと、同級生の間でも人気でした!

  5. | URL | -

    30ですが、あなたの仰る事はいちいち頷くことばか
    りです。
    これからも頑張って更新お願いします。

  6. | URL | -

    毎回楽しみに拝見させて頂いてます。
    これからも楽しみにしています。
    これが気持ち全てです。

  7. | URL | -

    がむばれ

  8. しんご | URL | -

    こんばんは。
    ボロボロでもいいので
    もっと生々しくていいので
    あまり取捨選択せずに
    もっとやっちゃってください。
    そのくらいのことで
    ガタガタいうほど半端ではないです、
    このブログのファンは。

    つまらない書き込み失礼しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/269-11d53fd3
この記事へのトラックバック

ナイナイに学ぶ継続力

更新には波風があるのだが、先月はついに3つしか記事を書けなかった。ブログは、質より頻繁な更新が大事だとわかっているが、どちらも達成できていない。こうやって星の数ほどあるブログは日々自然消滅していっている

[テレビ] ナイナイに学ぶ継続力 : 80年代後半~90年代前半を回顧するブログ

ナインティナインに関しては、「オールナイトニッポン」を聴いている人と聴いていない人では、お笑い界での立ち位置とか意味合いについての印象が、全く違うんじゃないかと思います。 いまのネタ番組全盛、テレビよりも舞台だというムードが強いお笑い界において、もしかし



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。