ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎哲弥がリベラルだった頃

2006年05月19日 02:11

宮崎哲弥は日本で一番露出の多い評論家といって良い
話せるジャンルも幅広く、視聴者の支持も得てる
彼の今のスタンスは基本保守である

自分は自称「朝まで生テレビ」フリークで、1995年頃から現在に至るまで、ほぼ全ての回を見てます
さてさてこの番組に準レギュラーの様に出演している宮崎氏の
ちょと昔の放送を振り返ってみましょう

<1998年 「激論!「戦争論」と日本」>
漫画家小林よしのり氏の著作「ゴーマニズム宣言;戦争論」
この「戦争論」が敢えて提起している、戦後の日本と日本人の抱える様々な"病理"とは、その原因とは何であるか?更にはどうすればよいのかを、改めて議論を通じて考え直してみたいと思います。


この手の討論では右派の人たち、左派の人達と別れて議論をするのですが、
この回の左派のパネリストはとても強力なものでした


20060519011912.jpg

高野 孟   「インサイダー」編集長
この人は顔でだいぶ損してる様な気がしますね
普通の事を言われても何故か高圧的に感じます

20060519011858.jpg

姜 尚中    東京大学教授
この時は初登場だったらしく、今みたいに話に割り込む事無く
とても大人しく話を最後まで聞いてます

20060519011836.jpg

辻元清美    衆議院議員・社民党
まだ「北朝鮮は拉致など行っていない!」と強気で発言していた頃です
後の顛末はご存知の通りで

20060519011848.jpg

松井やより   ジャーナリスト
この人物がすごいw  
福島瑞穂と田嶋陽子を足して2で割るどころか10倍した様な人物です


今の時代に合わせてもものすごい左の重鎮達ですが、
このそうそうたる左席の中にいたのが
20060519011827.jpg

まだ若い宮崎哲弥氏

左と右のバランスが取れて初めてイデロギーが成り立つ物で
どっちかが極端に強くなると国は崩壊に向かうのものです
そういう意味では宮崎氏はこの回で左に危機感を覚えたのではないでしょうかw







コメント

  1. 菊リン | URL | -

    スマセン 
    自分の記憶する限りちょと聞いた覚えないです。
    まぁ言ってても不思議じゃないですがね

    という事で私は
    「瑞穂なら言いかねない派」みたいですw

  2. ななし | URL | -

    どう思われます?

    福島瑞穂の警察官拳銃持つな発言
    ┣作り話だよ派
    ┃ ┣ネット右翼の作り話だよ派(完全否定派)
    ┃ ┣自民党の工作活動だよ派(世耕陰謀派)
    ┃ ┣集団催眠にかかってるよ派
    ┃ ┣作り話だけど言っててもおかしく無いよ派(理想主義)
    ┃ ┗党首がそんなこと言う訳ないよ派(メール派/永田派)
    ┣本当の話だよ派
    ┃ ┣俺が見たんだから間違いない派(強硬派)
    ┃ ┣皆が言ってるから間違いない派(日和見主義)
    ┃ ┗瑞穂なら言いかねない派(反社民派)
    ┗真偽は定かじゃないよ派
      ┣証拠が無いなら無いのと同じだよ派(原理主義)
      ┣2chも社民党もテレ朝も信用ならないよ派(懐疑主義)
      ┣動画でうpされてないものは信用できないよ派(ネット至上主義)
      ┗南京大虐殺や慰安婦問題はどうなんだよ派(ドサクサ派)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/28-36b1909f
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。