ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気バンド解散後のリリースに終わりはあるのか?

2008年03月10日 22:42

CD不況と言われずいぶん経ちますが、近年レコード会社の節操のなさは驚くばかりです。
今回、BOØWY(東芝EMI)の解散後のリリースを時代背景と共に追ってみたいと思います。



1988年 4月4日  東京ドームにてBOOWYは解散
      5月3日  『LAST GIGS』 (album)発売
     12月24日  『SINGLES』 (BEST album)発売


全ては1988年の解散から始まる。解散1ヶ月後にLAST GIGのライブアルバム、その年末に初のベストアルバムリリース。
ここまでは至極当然のリリースの流れと言えよう。


1989年 ORCHESTRATION BOØWY 発売 (オーケストラによるインストゥルメンタルアルバム)

1990年 なし

1991年 SINGLES OF BOØWY(VHS) 発売

1991年 BOØWY COMPLETE  LIMITED EDITION (CD 10枚組)発売
boowybox.jpg

ここが最初の節目になる。COMPLETEと銘打った通り、全てのアルバムとシングル曲・カップリング曲、そして未発表曲が収録されている全10枚組の限定セットで、価格が2万円もしながらオリコン2位となる異例の快挙を達成した。

集大成とも呼べるリリースで、この年を最後にしばらくBOOWYに関する発売は途絶えるのである。
ちょうどBOOWY再熱が世間的にピークに達したのも90年代前半のこの時期ではないかと思う。彼らの音源、映像に関する需要は高まる一方で、解散しているわけで供給はゼロ。飢餓が起こるわけである。このコンプリート版は中古CD屋で10万円(定価2万)で売られていたのを目撃している。
海賊版も多く出回ったのもこの頃で、音楽雑誌の読者コーナーでは隠し撮り、流出映像が出回り高価な値段で売買されていた。私自身も男同士で文通という苦痛を耐え忍んで購入までこぎつけるも、振り込んだ途端手紙が途絶え、3ヶ月後に「震災して家が無くなりました。ごめんなさい」という2行のみの便せんが、兵庫から送られてきた事がある(笑)

後にBOØWY COMPLETEは再発売を望む多数の声に応え1993年に『BOØWY COMPLETE REQUIRED EDITION』で再販され、さらに2002年にデジタル・リマスタリングされた『BOØWY COMPLETE 21st CENTURY 20th ANNIVERSARY EDITION』が発売され、このプレミアム価値は一気に薄れていったのだ。

1992年 なし
1993年 なし
1994年 なし
1995年 なし
1996年 なし
1997年 なし

1998年 THIS BOØWY (ベスト・アルバム) 発売
解散から10周年と題し、異例のプロモーション展開がなされ、このアルバムはかなり売れる事になった。
9年後にこのアルバムの拡大版が2枚組で発売される事となるとは、当時誰も知る由もないのだ・・

1999年 なし
2000年 なし

2001年 “GIGS”CASE OF BOØWY (ライブ・アルバム) 発売
      "LAST GIGS"(ライブ・ビデオ) 発売
      1224(ライブ・ビデオ)    発売

この年に結成20周年とし、今度は起算日を解散から結成としDVDプレイヤーが一般普及したこの時期に、かなり大がかりな宣伝を行いまとめて発売された。特に”1224”はファンの待ち望んでいた映像作品とし(注1) 、待望の一品であった。このリリースにあたって関係者、及び高橋を筆頭にメンバーもメディアに数多く出演し、沈黙を守り続けてきたメンバーから当時の秘話も聞かれる事となった。
私がはっきりと記憶している事は、「BOOWYに関する事でメディアに出るのはこれが最後。出せるものはこれで全部でしょう」と今後のリリースはないという趣旨の発言を布袋がしていた。そしてこのリリースはメンバー全員が集まって世に出すものと出さないものを4人で話し合い、今回が最後という事で合意したというものであった。 が・・・


2002年 MORAL-TRANCE MIX リミックス・アルバム 発売
     INSTANT LOVE HAMMER TRANCEリミックス・アルバム 発売

2003年 なし

2004年 GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR 1986. (DVD/アルバム) 発売

2005年 なし
2006年 なし

2007年 BOØWY解散20周年記念のプロジェクト

      THIS BOØWY DRASTIC (ベスト・アルバム) 発売
      THIS BOØWY DRAMATIC (ベスト・アルバム) 発売
      “GIGS”CASE OF BOØWY COMPLETE ライブ・アルバム 発売
      “GIGS”BOX”DVD      BOØWYの8枚組DVDボックス 発売

B000XT6868“GIGS”BOX
BOФWY
TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(D) 2007-12-24

by G-Tools



私はデジャブに襲われた。なんでまた20周年がやってくるのだと・・。

BOØWY解散20周年記念のプロジェクトと題し、今度は解散を起算日とし記憶にも新しい昨年に怒涛のリリースが相次いだ。2001年の約束は見事に破られた。だが、コレクターの悲しいサガである。既存の所有物との差分を確かめ、足りないものは購入してしまうのだ。特にDVD8枚組は未公開映像の塊で3万円の価値はあったのだろうが、一度流し見をしただけで、それ以後観ていない。なかなか20年間熱を保ち続けるのも難しい。

BOØWYのマネージャーであり、このDVD8枚組の仕掛け人でもある土屋浩氏は

「BOØWYの(ライブ映像の)場合はたとえば僕達でお金を出し合って買ったビデオ・カメラで撮ったものとか、そういった類のものしか残っていないんです。それはあくまで“データ”であって、“作品”ではないんですよ。作品のクォリティとして考えた時に、1枚のDVDの中でその“データ”を1時間半見せるわけにはいかない。古くからのファンは「あの時のライヴの全部が見たい」と思うかもしれないけど、現実的にテープが劣化していたり、作品としてのクォリティに達していなかったり、メンバー自身が「No」と言う場合も当たり前に多い」と話している。



実質の出し尽くし宣言と私はとった。2001年にメンバーの終了宣言。2007年にプロデューサーからの終了宣言がなされたのだ。正直、リミックス版やら、デジタルリマスター版、ファンベストなら今後もいくら出してくれてもかまわない。ただ、未公開映像発掘という悪魔のささやきだけ勘弁してもらいたいのだ。そんな淡い期待もすぐに破られる事となった。


2008年4月5日 “LAST GIGS”の完全版『“LAST GIGS”COMPLETE』 アンコール部分を含む全11曲の未発表楽曲が追加収録!

B0013BECBSLAST GIGS COMPLETE [DVD]
TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(D) 2008-04-05

by G-Tools



この無い無いと言い続けながらも、新たに見つけ出す東芝EMIさんのその技量は ぜひ社会保険庁にでも行って活かしてほしいものである。昨年のDVD8枚組の中には入れずに、結成やら解散何周年のゴロにもかけず、この3月という時期にこんな隠し玉を発表するあたり、決算期アルバム(注2)の匂いがしてなりません。しかし、このDVDは間違いなくまた売れるし、私もそれに貢献してしまうのです。

さて、東芝EMIさんは何度COMPLETE の名のついたCD/DVDを発売するのですか?

解散から20年追いましたが、いつになったら本当のコンプリートは達成できるのでしょうか?



だが、業界を見渡すとBOOWYなんてまだ節操がある方かもしれない。尾崎の未公開音源発見は過去何度耳にしたかわからないし、TM NETWORKに関してはなにがオリジナルかも判別できないほど乱立しています(笑)その中でも今後一番脅威なのがZARDで、坂井泉水さんが亡くなってまだ1年も経たぬのに、既に

・2枚の未発表シングル
・スタッフによる選曲ベスト Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜
・坂井泉水がお気に入りとして上げていた作品を基に収録 Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜
・ファン投票を基に収録 ZARD Request Best 〜beautiful memory〜

が発売されています。シングルを44枚、オリジナルアルバム11枚、ベストアルバム6枚も発売しているZARDを、今度はどんな切り口で哀悼との名で切り込んでくるのか、戦々恐々となるばかりです。


(注1) BOØWYが解散宣言した夜
(注2) ベストアルバムに巣食う利権







コメント

  1. | URL | -

    それよりも

    1998年 前年に布袋、久美ちゃんと離婚
    2007年 東芝EMI、EMIジャパンに改名

    だからでは?

  2. | URL | -

    ブルーハーツもボチボチでてます
    しかし未発表曲やらのたぐいは未だ
    さらにあろうことかブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズと3グループも。。
    もっと言えばコーツ、ブレイカーズ、ヒューストンズ
    ヒロトソロ、マーシーソロ
    このへんの未公開音源、動画は山の様にあることでしょう。
    つべやニコ動あたりの動画共有サイトが賑あう昨今
    いつ発売されてもおかしくないのです。

    まさにファンにとっては嬉しいやら悲しいやらな訳です

    ほんと恐いですね(笑)

  3. tsune。 | URL | mQop/nM.

    あんまりといえばあんまりな「未発表集」なのでGIGS BOXは買いませんでした。
    特にCASE OF BOΦWYは単発で出しそうな匂いもするので…
    ボウイは好きだけど信者は辞めましたw

  4. | URL | -

    後だしジャンケンですよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/308-28f26834
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。