ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューパルサー 攻略打法の怪

2006年05月21日 22:19

あれは確か1995年の夏頃でしたでしょうか・・
それは唐突にやってきました

当時学生で深夜のコンビニのバイトをしていた俺は
その日も深夜2時ごろに来る本日発売の雑誌を並べてました
そして現在でも写真誌の発行部数ダントツTOPを誇り
数々のスクープを連発するFRIDAYの表紙を
見たときおもわず声を出して驚きました

「ニューパルサー 攻略打法発覚!」の文字

ニューパルサーとは・・当時まだパチスロ自体がまだ少なかった時代に
30万台と今のパチスロ北斗の拳よりも占有率があったといわれ
パチンコ屋を歩けばニューパルサーにぶつかるとまで言われたヤマサの大ヒットマシーン
20060520174441.jpg

ここで注意してもらいたいのが、よく写真誌などに
「○○ XX万円で攻略法教えます!」みたいな怪しい業者の広告ページがありますが、
あれとは全く別物です。当時はそんな広告自体無かったですからね
FRIDAYの表紙に熱愛スクープの様にデカデカとのってました。
仕事も忘れその場で慌ててそのページを読み込みました

以下うる覚えですが記事内容
「ある業界関係者から送られた情報
赤色のパネルのニューパルサーでBIG中に~(手順が長々と書かれる)を行えば
50プレイ以内で連チャンするという内容だった。
さっそく私(記者)も店にいって試してみることに 
するとなんと本当に連チャンするではないか! これはホンモノだった! 
メーカーが対策するのも時間の問題なのでその前に打つべし

こんな衝撃的な内容が天下のFRIDAYの見開きで掲載されたんです
しかも本入荷と同時に読んだ自分は世界で最初に知ったと思い込みw
仕事中もいてもたってもいられませんでした
そして朝5時の終了と共に友人全員を電話でたたき起こし自宅に集合させ、
購入したFRIDAYでその打法を全員に記憶させました

そして全員で朝一から同じ店 同じ島でいざ実践!
この打法はまず自力でBIGを引かなければなりませんでした
すると自分が一番最初にBIGをひき、雑誌に書かれてる通り行い
ドキドキしながら打っているとなんと18Gで連チャン
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!


自分バカなんで、もう確信しちゃいました はい、興奮しちゃいました
いくら勝つんだろうと思っちゃいました
(後にわかるのですがこれは自力連チャン)
で、次のBIGも当然その打法で試すも連チャンせず・・あれ?
友達も次々と試してみるが誰も連チャンしない・・あれれ?
結局午前中でこれはガセだとわかるに十分な試行回数をこなしました
友人の白い目を浴びながら全員負けでとぼとぼ帰るはめに

当時ネットたるものが今みたいに機能してない為、
この情報が一体何だったのかわからぬまま2週間ぐらいが過ぎた頃、
スロマガという雑誌にてこの顛末を検証した結果、一部の裏ロムの台でしか出来ないとの事
実際書かれていた手順も押し順を変えて最後にボタンを10秒長押しとかいう内容w

はい、懸命な皆さんはもうお気づきのように
これ攻略法じゃなくて・・・裏ロムのセット打法ですね

今でいう打ち子でゴト行為 完璧逮捕されます
当時は裏ロムのセット打法というものがあまり認知されておらず
このフライデーの記者もそのにゴト師に指定された台を打って成功したもので
てっきり勘違いしたらしく全国に向けて大誤報を放ったわけです
FRIDAYは翌週に謝罪をする訳でもなく、何事も無くするスルーしたとさ(完)

<追記>
今回このネタを書くにあたってうる覚えのため、
ネットでいろいろと検索したのですが、一件もヒットせず
あれは自分だけが見た真夏の夜の夢だったのでしょうか?(;´Д`)








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sskkyy81.blog4.fc2.com/tb.php/31-5b6048bd
    この記事へのトラックバック

    北斗の拳SE

    北斗の拳SEは酷評が多いですね…^^;



    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。