ライブドアブログ移転にともない、アドレス変更となります。


引越し先: http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/

新RSS   http://blog.livedoor.jp/kaiko80s/index.rdf


お手数ですが、よろしくお願い致します。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、何時?

2007年02月26日 23:16

人生を24時間に例えると、いろいろと気付かされる部分がある。

心身共に元気でいられる年齢を72歳として考えると
3つ歳をとると、1時間進む計算になる。


18まで散々バカをやってきた人間だって、まだ午前6時である。
出社の時間まで身支度する時間は十分にある。

一般的な出社時間となる9時だって27歳である。
まだまだ新しいことをイチから挑戦できる時間帯だ。
この辺の時間帯までに結婚し、身を固める人が多いのもなにか頷ける。


正午12時は36歳がその時間帯にあたる。
まだまだまだひと仕事できる時間帯である。

しかし、昼を過ぎるとある程度の基盤がないと、そうそう巻き返せるものでもない。

現在30歳の私は午前10時にあたる。
フレックスタイムで出社したばかりと考えると、不思議と力が湧くが、
その一方、午前6時から出社し確実に結果を残していく人もいる訳で、その距離を縮めるには並大抵の努力では足りない。

一般的に定年と言われる60歳は20時になる。
逆にいえば、深夜までの残業は許されていない訳で、20時までの限られた時間しかないとも思える。


自分の年齢を3で割ると、簡単に現在の自分の時間がわかる。
さて、今は何時になったのだろうか・・?


失敗は成長する生き物

2006年10月27日 21:04

■ ハインリッヒの法則
労働災害5000件余を統計学的に調べ計算し、「災害」について現れた数値は「1:29:300」であった。その内訳として、「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きてるというもの
Image51.jpg
(図1)ハインリッヒの法則


このハインリッヒの法則はクレームなどでも同様な事が言えて、「1件の重大なクレームの影には、29件の軽微なクレームが潜んでおり、その背景には、300人の不満を持っているが何も言わない顧客がいる。」と言い換えられます。

そしてやっかいなのが組織のリーダーは、失敗は「したくないもの」「起こしてはならないもの」という負のイメージから、隠蔽へと誘惑されます。問題が起きたら即座に「隠蔽しろ!」となる組織は論外だとして、何千人もかかえる企業でなぜ組織単位の隠蔽が発覚し、そして炎上するのか?私の職場で起きた事を例に少し考えてみたいと思います。

今回は終始マジメなお話になってます。
[ 続きを読む ]

「お客様は神様です」という呪文

2006年09月13日 22:40

日本に支店を持つ外資系企業では社員に最初に学ばせる言葉が
ゲイシャ、ハラキリ、スシ、そして「お客様は神様です」だと言う。

日本で客商売する上では、お客様は神様だという風潮がある。


私が都内のある企業街で物販販売の店舗の責任者をやっていた時の話です。
客の半分は名の知れた企業の社員の方で、日に数千人もやってくる多忙な仕事場だった。
その時の経験はお客様は神様など到底思えぬものだった。


[ 続きを読む ]

道徳の授業よりメディアリテラシーを!

2006年08月11日 00:20

「A・I」 と聞けば苦い思い出が蘇ってくる


ひとつはドラクエで効果の無いザラキをボスキャラにひたすら唱え続けるAI(人工知能)

もうひとつは映画の「A・I」だ
A.I.


この映画は莫大な制作費を費やされたものの、全米では大コケとなり赤字となった。
しかし日本で公開されるや否や93億円の興行収入を記録し全米以上に稼ぎ、失敗作と言われた本作も黒字転換となったのだ。
(ちなみにパイレーツ・オブ・カリビアンで68億 スパイダーマンでも75億円である)

私はこの映画のCMが流されている時に、内容は別にヒットが約束されたと思った。
「感情を失った子供ロボット」「スピルバーグ」「キューブリック」
もうこれだけの日本人好みの要素が揃えば、内容がどうであれ足を運んでしまうからだ。

映画の感想については人それぞれだろうからあまりふれないでおくが、少なくとも興行収入96億円とあそこまでヒットする映画だったとは思えない。


日本人はメディアリテラシー能力が他国に比べ低いのではないか?
とよく思ってしまう。

メディアという事業は、大衆が無知である程力を増す事を覚えておいて欲しい。


その一例として最近の映画のテレビCMがヒドい事になってはいないだろうか?
映画の内容そっちのけで、観終わった観客のどうでもいい感想がほとんどを占められてる。
「ホント感動しました!!」
「マジ やばいんですけどーー」

なんだこれは・・
コメントはその人の意見であって、事実じゃない

一昔なら良い所取りのダイジェストながら、まだ映画の内容を知る映像が流れて良し悪しを知る材料となった。今の宣伝方法になってから何年も経っている事を考えると、普通に宣伝するよりも宣伝効果があるという事だ。
こんな良いとこ撮りの感想聞いて、感化される日本人がいるって事が情けない。私は映画をよく観に行くのですが、このCMを観ると何の判断にもならない為、いつも腹立たしく不快になる。CMはもう無視して公式HPで配信している予告編で判断する事にしている。

この観客のどうでもよい感想しか伝わらない宣伝方法に、なんで誰も怒らないんだ?
こんな映画の宣伝のCMの方法をとっているのは、日本だけじゃないのかと思ってしまう。



小林よしのりがその昔「薬害エイズの被告を支援する若者」、「オウム信者にハマる若者」を通じて、自分の正義に取り付かれその情報の真偽すら疑わない若者を純粋まっすぐ君」と名付け警報を鳴らした。純粋まっすぐ君はまさにリテラシーの欠如による産物ではないだろうか?映画CMに感化される分には、人に迷惑をかけてない分まだマシかもしれない。しかし彼らの空っぽの脳みそは、TVメディア・新聞の流す特定の偏った見方や、カルト教団などの説く思想にもすぐ洗脳されてしまい、社会悪と転換する危険性があるのだ。リテラシー能力の欠如は純粋まっすぐ君の大量生産となり日本国を脅かす事態になりうる。


先日の亀田の試合後に涙する人々、摂理に救いを求め入信してしまう日本人信者、そこまで素直に物事を受け入れてしまうのは、もはや純粋じゃなくて悪じゃないかと言いたい


ゆとり教育が間違いだとやっと認識されてきた昨今であるが、私はひとつ提案したい。
 「道徳」なんて授業はもうやめて、「メディアリテラシー」という授業を設けたらどうだろうか。

道徳は必須科目にも関わらず道徳を無視した人々は減る傾向にない。そんな授業より幼い頃にフランダースの犬でも見せた方が、人間性の構築としては効果があるのではないだろうか?ましてや週一時間の授業より毎日一緒にいる親に道徳があれば、自然と子供にも道徳心は根付く。それよりメディアから垂れ流される情報に親子共々洗脳される事態の方が深刻だ。メディア・リテラシー能力の向上は、今の日本には急務な事で他国に摂取されない為にも一番必要じゃないでしょうか?


メディアはあらゆる種々のものが組合わさって成り立っている。
それは商業的なものであったり、親会社が新聞社ならその新聞の思想、スポンサーの意向、こういった組み合わさったものを自分で紐解いていく知識、そしてその中にある真の情報だけを読み取る洞察力こそがメディア・リテラシー能力なのだと理解してもらいたい。

最後にもう一度書きます。
大衆が無知なほどメディアは肥大化していくのです。


 メディアリテラシーとは?
情報およびその周辺に対する読み書き(処理)能力、の意 一般的にはマス・メディア(TV・新聞・雑誌)が提供する情報に対する、受け手側の判断や判断能力、という意味で使われることが多い。



関連ページ:超能力者を辞めることにしました

偉人達の30歳

2006年08月09日 01:14

1976年生まれは今年30代という大台を迎える事となる。

もうめでたく30代を満喫されている方
20代中盤でまだ先の事だと思ってる方 さまざまだと思う。
しかし26ぐらいから30なんてホントあっという間ですよ(笑)

それにしても30という年齢に何の実感も沸いてこない。
世の偉人達は30歳という年齢の時、一体何をしていた時期だったのかを知ることによって、
自分の置かれている年齢を認識してみる事にした。
いろんなジャンルから抽出し、その前後も含めて調べてみた。



ビル・ゲイツ
20歳 マイクロソフトを創業
30歳 Windowsが誕生
40歳 Windows95が爆発的ヒット


氷室京介
27歳 BOOWY 解散
30歳 JELOUSYを眠らせて


稲葉浩志 
26歳 太陽のKomachi Angel
28歳 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
30歳 MOTEL Don't Leave Me
31歳 LOVE PHANTOM


古舘伊知郎
30歳 フリーになる
31歳 夜ヒットの司会に抜擢
50歳 報道ステーション


久米宏
31歳 『ぴったし カン・カン』司会として
34歳 『ザ・ベストテン』司会(~1985年4月)
41歳 『ニュースステーション』


長渕剛
30歳 テレビドラマ『親子ゲーム』
32歳 テレビドラマ『とんぼ』(TBS系列)放映開始。


イチロー
27歳 7年連続首位打者を記録
28歳 渡米し、1年目から成功
30歳 メジャー新記録の最多安打を記録


トム・クルーズ
24歳 トップ・ガン
30歳 ア・フュー・グッドメン
34歳 ミッション:インポッシブル


真田 広之
23歳 『里見八犬伝』 (犬江親兵衛)
30歳 『太平記』 (足利尊氏) (1991年 NHK大河ドラマ)
32歳 『高校教師』 (1993年 TBS)


小泉 純一郎
28歳 福田赳夫元総理の秘書を務める
30歳 衆議院議員初当選


木村拓哉
29歳 HERO(2001年 フジテレビ系)
30歳 空から降る一億の星(2002年 フジテレビ系)
31歳 GOOD LUCK!!(2003年 TBS系)


藤田 晋 (サイバーエージェント社長)
26歳 東証マザーズ上場
30歳 女優の奥菜恵と結婚(翌年離婚)


武田鉄矢
27歳 あんたが大将
30歳 金八先生 第2シリーズ


スティーヴン・スピルバーグ
28歳 『ジョーズ』
30歳 『未知との遭遇』
36歳 『E.T.』


マイク・タイソン
20歳 史上最年少で世界ヘビー級王座を獲得
24歳 東京ドームで敗戦。ベルトを失う
25歳 レイプで3年服役
30歳 世界ヘビー級タイトルを再度獲得


鳥山明
25歳 「Dr.スランプ アラレちゃん」連載スタート
29歳 「ドラゴンボール」連載スタート


ベジータ 29歳
バッファローマン 30歳
ロビンマスク 30歳
ラオウ 30歳 (情報元 北斗西斗さん)





偉人達と比較してもヘコむばかりですが、自分の置かれている年齢というのがなんとなくつかめてきた様な気がします。もう30を迎えれば怖いものなど何も無いと思っていましたが、2次曲線ばりに加速度をつけて時間が早く過ぎていく様に感じる事が今何より恐怖です。

カードの切り方が人生だ!

2006年07月23日 21:15

全米デビューしたがる日本人が多い!
挑戦する事は結構な事なのだが、プロとして覚悟がなさすぎる!

挑戦する時はマスコミを集めて、「戦いに行ってきます!」みたいな勇ましさをアピールをするのに、
いざ数年で力不足とわかるとマイナーで下積み修行する事は決して無く、
あたかも武者修行でハクをつけたかの様に振る舞い、おめおめと渡米前以上の荒稼ぎを続ける。
ちょと日本のマスコミも甘いんじゃないか? 海外に挑戦する日本人に対して肩の力を入れすぎる。
ボンズが新記録を出したときに、観客席から注射器が投げ込まれるぐらいの非情さも時には必要じゃないか?
敗北会見をしろ!と言いたい。 
「向こうでは力不足でした・・」と認めてから日本で再活動をしろと! 

新庄、佐々木(大魔神)、石井(ヤクルト)、サッカー選手全般、一体何なんだ・・?
レギュラーをとれなくても代打要員でずっと挑戦し続ける田口壮の方が後生どれほど評価されるか・・
唯一イチローだけが「もし失敗しても向こうで骨を埋めてくる覚悟で行ってくる!」と発言した。
結果彼だけじゃないか!実際スポーツ界で成功したと言えるのは!

まぁでもスポーツ界のトレード主義を考えるとしょうがないのかもしれない・・・
しかし、全米挑戦した日本人アーティストときたら悲惨の一言だ。 
久保田、ドリカム、矢沢、松田聖子・・彼らの全米挑戦は一体どうなったんだい?
誰も結末を知らないじゃないか!結末どころか途中経過すら知らない。
まるで(挑戦が)無かったかの様にCDリリースを日本で続けてるじゃないか?
音楽界のイチローこと宇多田ですら、日本の活動を辞めてまでして行ったのにビルボードで166位
 
失敗した事を批判してるのではない。失敗の後の粘りの無さを批判してるのだ!
そんな覚悟なら挑戦なんて言葉を使わずに、台湾にでも行って2匹目のドジョウを探してますとでも言って欲しい
挑戦やらドリームカムトゥルー(夢は叶う)とか夢を追いかけてとか、
それであなた達の描く歌詞に一体何の説得力があるんだい?
もう敗北会見をしろ!と言いたい。 
「向こうでは全く評価されませんでした」と認めてから日本で再活動をしろと! 


プロなのに覚悟が足りないんじゃないかい?
そう、カードの切り方がぬるい!

lifecard-thumb.jpg

カードの切り方が人生だ!


彼らが全米挑戦で行き詰った時に切るカードは精々こんなものだろう・・
caedcard1.jpg

あーあーあー  日本復帰への言い訳の定番じゃないか!




今後彼らの切るカードはこの3つだけにするべきだ!
life22.jpg

武士なら覚悟を持って渡米しろよ!!














なんてキャラにも合わず無理して散々大口を叩いてみましたが、前フリはこの辺で・・

そんな私のカードの切り方は・・

ba9b52b4.jpg
どんな選択肢の数があったとしても、常に保留を選択

           ↓
canvas1.jpg
結果、猛省


しかしまた保留を選択 →猛省・・  保留 →猛省・・( ´Д` )






カードの切り方こそが人生だ!! 


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。